ベランダから雨漏りする危険性

投稿日:2023年12月30日

雨漏りは建物に大きなダメージを負わせてしまいます。

放っておいてしまうと建物の寿命をグッと縮めてしまうかもしれませんし、工事規模が大きくなり、多額の修理費が掛かってしまうかもしれません。

 

雨漏りはなるべく起こさないことが重要です。

その雨漏りですが、発生しやすい箇所というものがあります。

 

雨漏りが発生しやすい箇所の一つが「ベランダ」です(バルコニーや屋上など防水工事されているところ含む)。

普段なにげなく使っているベランダも定期的にメンテナンスをしなければ雨漏りを起こすリスクがあるのです。

 

もし、ベランダから雨漏りしてしまったらどうなってしまうでしょうか?

本日はベランダからの雨漏りの危険性について解説いたします。

 

【ベランダから雨漏りしない仕組み】

ベランダから雨漏りする危険性

 

ベランダは雨に濡れる場所ですが、どうして雨漏りしないのでしょうか?

それは水が染み込まないように防水がされているからです。

 

防水は「ウレタン防水」「FRP防水」「シート防水」「アスファルト防水」など色々な工法があります。

今回は工法の違いについて割愛させていただきますが、平たくいうと防水工事で防水層を設けることにより水の侵入を防いでいるのです。

 

どの防水も永続的なものではありません。

年数が経てば防水性能が低下してきますから、ある程度の年数が経てばメンテナンスが必要です。

 

メンテナンスをせずに劣化を放置していれば、いずれ水を堰き止めることができなくなり、雨漏りを起こしてしまうのです。

 

防水工事の種類についてはこちらの「防水工事の種類について!必要な理由とは?」をご覧ください。

 

【ベランダから雨漏りするとどうなる?】

ベランダから雨漏りする危険性

 

ベランダから雨漏りするとどうなるでしょうか?

ベランダからの雨漏りのリスクを知ると、その危険性がよくわかると思います。

それではベランダから雨漏りした時の被害をお伝えいたします。

 

【部屋に大きなダメージを負わせてしまう!】

ベランダから雨漏りする危険性

 

ベランダは洗濯物を干す場として利用されるため、採光を確保できる東側や南側にベランダが配置されます。その方角はベランダと同じように採光を重視するリビングが配置されるため、ベランダの下にリビングが配置されることになります。

 

この間取りは、現在の戸建て住宅に多く採用されていますが、もしベランダから雨漏りした場合、その下にあるリビングにも大きな被害を与えてしまうのです。

 

リビングには天井や壁のクロス、フローリングなどの内装材、家具や家電などの生活用品もあります。

雨漏りすればそれらが汚損して雨漏り修理以外に内装工事や家具、家電などの復旧など高額な費用を負担しなければならなくなります。

 

【大事な構造体が腐食して建物が弱体化】

ベランダから雨漏りする危険性

 

雨漏りの最も恐ろしいところが、建物の寿命をグッと縮めてしまうことです。

内部に雨が侵入すると柱や梁など建物を支える大事な構造体が濡れて腐食を起こします。

構造体が腐食を起こせば耐震性も低下するため、安全な建物ではなくなってしまうのです。

 

それでは鉄筋コンクリート造や鉄骨造ならどうでしょうか?

構造体に木材を使用していないため、強度が落ちる心配がないと思われるかもしれませんが、それは間違いです。

 

鉄筋コンクリート造の場合は、コンクリートの爆裂を起こす恐れがありますし、鉄骨造は錆が発生してしまいます。

木造にかぎらず、鉄筋コンクリート造も鉄骨造も雨漏りすると建物の老朽化を早めます。

 

【濡れた木材はシロアリの好物】

ベランダから雨漏りする危険性

 

雨漏りはシロアリを寄せつける原因の一つです。

多湿な環境を好む習性があり、雨漏りによって濡れた木材はシロアリにとってご馳走です。

 

内部から侵食するため、外側に出てきたころには大部分をシロアリに食べられてしまっています。

雨漏り以外に浴室やキッチン、洗面所などの水回りも被害にあいやすいので、定期的にシロアリ調査と駆除対策を行うことをおすすめします。

 

雨漏りについてはこちらは「雨漏りを放置することは厳禁!疑わしい症状は早めにご相談を!」をご覧ください。

 

【防水工事業者を選ぶポイント】

ベランダから雨漏りする危険性

 

防水工事はどの業者に工事を依頼するかがとても大事です。

重視していただきたいのは、防水工事の実績が豊富であることです。

 

工事は職人の手によって行われます。

施工経験が浅ければ、工事の仕上がりもどうなるのか分かりません。

 

それに代わり施工実績が積まれている業者なら、その分だけ仕上がりも安心です。

施工実績は業者が掲載する施工事例で確認できます。

実績が豊富なほど紹介している施工事例も多いはずです。

 

業者を選ぶときは相見積もりすることも大事です。

相見積もりとは複数の業者に見積もり依頼することです。

 

防水工事は定価というものがありません。

施工現場に応じて価格が算出されますから、業者によって価格が異なります。

 

定価がない分、提示された価格が適正なのか見極めなければなりません。

一社だけに見積もり依頼してもそれが適正な価格か判断しにくいですから、比較ができるように2〜3社ほど見積もりを依頼しましょう。

 

もう一つ押さえておいていただきたいのが、見積もり内容と工事について業者から詳しく説明をもらうことです。

施工方法が適切であるかどうかで防水の耐久性が変わってきます。

 

また、使用する材料も工事の質に関わってきます。

見積もりの内訳はできるだけ具体的であること、見積もりだけでなく、業者から直接、施工について詳しく説明してもらうことがとても重要です。

 

トラブルに発展するような業者は、見積もりの内訳が一式工事など曖昧であったり、工事の説明をもらおうとしても曖昧に濁したりしますのでご注意ください。

 

業者選びについてはこちらの「外壁塗装を依頼できる業者の種類」をご覧ください。

 

【ベランダからの雨漏りは被害が大きくて危険!】

ベランダから雨漏りする危険性

 

ベランダからの雨漏りは、建物の老朽化を早め、寿命を縮めてしまうだけではありません。

ベランダ下にリビングが配置されているお家は、壁紙やフローリングなどの内装材、家具や家電などを汚損させ、お部屋にも大きな被害を与えてしまいます。

 

亜久里工業は防水工事も承っております。

雨漏りを放置すればシロアリを寄せつけてしまう恐れもありますので、少しでも疑わしい症状がありましたら早めにご相談ください。

 

防水工事についてはこちらの「屋上・ベランダ防水工事」をご覧ください。

 

“mu”

 

神奈川県全域で、塗装工事、屋根工事のことなら、亜久里工業へお気軽にご相談ください。

 

神奈川県の外壁塗装・屋根塗装・屋根工事・防水工事・外壁修繕・屋根修理・⾬漏り補修なら株式会社亜久里工業


神奈川県の外壁塗装工事・防水工事・屋根工事専門店
亜久里工業
https://gaiheki-kanagawa.com/
住所:神奈川県横浜市緑区三保町2650-57

お問い合わせ窓口:0120-410-184 営業電話お断りします
(10:00~18:00 日曜定休)

対応エリア:神奈川県横浜市、他

★ 地元のお客様の施工実績多数掲載!

施工実績  https://gaiheki-kanagawa.com/case/
お客様の声 https://gaiheki-kanagawa.com/voice/

★ 塗装はいつやるべきなの? うちは塗装が必要なの?

➡一級塗装技能士の屋根、外壁の無料点検をご利用ください!
無理な営業等は一切行っておりません!

外壁屋根無料診断 https://gaiheki-kanagawa.com/inspection/

★色を塗る前にシミュレーションしたい、塗装以外の工事方法はないの?  どんな塗料がいいの? 業者はどうやって選べばいいの?

➡ どんなご質問でもお気軽にお問い合わせください!
お問い合わせ https://gaiheki-kanagawa.com/contact/


お客様の声

   

屋根工事の施工事例

   

神奈川県地域密着!ご依頼ありがとうございました!

スタッフ教育、職人育成にも
力を入れています!

職人教育にも力を入れています!

保有資格一覧

  • 一級塗装技能士
  • 職長
  • 安全衛生責任者
  • 有機溶剤
  • 外壁診断士
  • カラーコーディネーター
  • ゴンドラ
  • 足場作業主任者
  • 一級鳶技能士
  • 玉掛け
  • 石綿特別教育
  • 一級建築施工管理技士
  • 他、多数

外壁塗装・屋根工事トピックス