外壁塗装の工期とよくある質問

2022年7月4日更新

マイホームに定期的なメンテナンスはつきものです。外壁においては、劣化を放置しておくと、ひび割れなどから雨水が侵入して内部が腐ってしまいます。

大切なマイホームを長持ちさせるためには、しっかりと外壁塗装を行っていきたいですよね。

そこで今回は、外壁塗装にかかる日数やその理由、工事期間中の過ごし方をご紹介していきます。

 

屋根・外壁塗装工事の工期について

外壁塗装工期

 

塗装工事にかかる日数は

外壁のみの場合:10日間程度

屋根・外壁塗装の場合:14日間程度

となります。

 

工期に関係する要因として

・天候

・家の劣化具合

があります。

 

工期が延びる要因1:天候・気候

塗装がきちんと定着するためには、塗り方だけではなく気候にも条件があります。

①湿度が85%以上

②気温が5度以下

という気候条件下では、外壁塗装を行うことができません。

 

夜露や雨で湿度が85%になること、寒い時期に気温が5度以下になることは良くありますが、その時に塗装を行ってしまうと塗料が薄くなってしまうため、塗装工事は行わないようにしなければなりません。

 

 

工期が延びる要因2:外壁・屋根の劣化

外壁や屋根の劣化が進んでいると、塗装を行う前に補修工事を行わなければなりません。

ひびを補修したり、浮いた塗膜や錆を落としたり、板金を交換したりなどの時間が必要となってきます。

 

工事の流れ

外壁塗装

 

基本的な塗装の工事工程は、以下のようになります。

 

1.足場設置

職人の安全の確保だけではなく、足元が安定することで職人が手元に集中して作業ができるため、仕上がりにも影響します。

 

2.高圧洗浄

長い間積もった汚れや藻などを、機械を使って洗浄し除去していきます。付着物が残ったまま塗装を行うと、塗膜がうまく定着せず1年程度で剥げてくることもあるため、しっかりと落としていきます。

 

3.養生

塗材が飛散して汚れないよう、窓や玄関ドア、植木などをビニールシートやマスキングテープを使って保護します。

 

4.劣化補修

ひび割れ補修やコーキングで補修していきます。

 

5.ケレン作業

もろくなっている塗膜や錆を落とし、塗材がのりやすいよう素地調整を行います。

 

6.下塗り

下地と塗料の密着を高めるための工程です。下地に塗料が浸透してしまうのを防ぐ役割もあります。

 

7.中塗り

仕上げ塗料は2回に分けて塗装しますが、その1回目の塗装です。

 

8.上塗り

仕上げ塗料2回目の塗装です。

 

9.養生撤去

保護のためのビニールシートやマスキングテープを剥がします。

撤去した後に塗り残しがないかもチェックしていきます。

 

10.竣工検査

現場管理者が確認した上で、お客さまにも気になっている点や不安がないかもご確認いただきます。

 

11.足場解体

覆っていた足場を解体し、工事完工です。

 

工事期間中の過ごし方について

123819553_s

塗装工事期間中は、外壁が足場で覆われるため、過ごし方に不安を覚えることもあるでしょう。

そこで工事期間中の過ごし方についてよくある質問に回答していきます。

 

家にずっといないといけないの?

工事期間中にご自宅にいると工事の音や人のけでストレスを感じてしまうかもしれませんし、お出かけいただいて構いません。

全てのドアと窓の鍵を閉めておいていただければ、外に出ても大丈夫です。

工事に必要となる水や電気はお客様負担となりますので、使えるようにしていただくようお願いいたします。

 

全ての塗装業者ではありませんが、意図的に手抜きをする業者がいることは事実です。

だからこそお客様ご自身でも工事状況を把握しておくことは重要となってくるでしょう。

 

弊社では、塗装期間中は毎日工事の報告を行っており、ご在宅が難しい場合は、ラインでの報告もしております。

どんな作業をするのか、明日はどんな工事をするのかなどを毎日、写真付きでご報告しておりますので安心してくださいね。

 

窓は開けることはできないの?

屋根や壁を洗浄している際は、絶対に窓を開けてはいけません。

しかし、それ以外の工程の場合においては窓を開けることができる場合もあります。

 

窓を開けたい場合は事前に塗装業者に伝えておけば養生をしてくれます。

ただし、塗料の臭いが入ってきたり、埃などが入ってきやすくなるためおすすめはできません。

 

エアコンは使っていいの?

エアコンが使用できるように室外機にも養生を行うため、使用可能です。

ただし室外機がベランダにあり、ベランダの塗装を行う場合は、エアコンは使えません。

エアコンを使用することによって結露水が出てしまい、塗料が薄まってしまうからです。

その他、外壁洗浄時など、作業工程によってはエアコンの使用ができない場合もあります。

 

洗濯物は干していいの?

工事期間中は洗濯物の外干しは避け、部屋干しにしましょう。

外干しすると、洗濯物に塗料が付いてしまったり、塗料の臭いがついてしまったりとトラブルを招くだけの結果となってしまいます。

 

工事中の音はうるさいの?

足場の組み立て、撤去や車両の移動、電動工具を使用するなどで、工事期間中は大きな音がどうしても発生してしまいます。

弊社では、着工前に近隣の方へご挨拶にまわっております。

 

部屋は暗くなるの?

塗装工事期間中は、塗料がかからないように窓などをシートで養生します。

また、塗料や高圧洗浄による水しぶきが近隣に飛んでいかないように足場周りをメッシュシートで覆います。

通常よりもお部屋は暗くなってしまいますが、完全に日が入ってこないわけではないため、真っ暗というわけではありません。

 

 

まとめ

外壁塗装失敗

 

今回は屋根・外壁塗装工事における

・工期

・工事中の過ごし方についての質問とその回答

についてご説明いたしました。

 

工事期間中はマイホームが工事現場となってしまうため、多少のストレスはどうしてもかかってしまいます。

そんな時、職人さんなど施工業者のマナーなどが悪ければそのストレスはさらに大きくなってしまうことでしょう。

 

だからこそ、マナーを徹底している気持ちのよい工事を行ってくれる会社を選ぶことが大切です。

また段取りよくスムーズに仕事を行える会社であるというところも重要ですね。

 

弊社では、地域密着店として、正直、丁寧、親切をモットーに、技術を磨いてきました。

スタッフ全員が国家資格保持し、マナー面においても教育指導を徹底しています。

ぜひお気軽にご相談くださいね。

 

弊社が選ばれる理由についてはコチラ

 

-R-

 

神奈川県全域で、塗装工事、屋根工事のことなら、亜久里工業へお気軽にご相談ください。

神奈川県の外壁塗装店【亜久里工業】

 

 

 

 

 

 

 


神奈川県の塗装工事・防水工事・屋根工事専門店
亜久里工業
https://gaiheki-kanagawa.com/
住所:神奈川県横浜市緑区三保町2650-57

お問い合わせ窓口:0120-410-184 営業電話お断りします
(10:00~18:00 年中無休)

対応エリア:神奈川県、他

★ 地元のお客様の施工実績多数掲載!

施工実績  https://gaiheki-kanagawa.com/case/
お客様の声 https://gaiheki-kanagawa.com/voice/

★ 塗装はいつやるべきなの? うちは塗装が必要なの?

➡一級塗装技能士の屋根、外壁の無料点検をご利用ください!
無理な営業等は一切行っておりません!

外壁屋根無料診断 https://gaiheki-kanagawa.com/inspection/

★色を塗る前にシミュレーションしたい、塗装以外の工事方法はないの?  どんな塗料がいいの? 業者はどうやって選べばいいの?

➡ どんなご質問でもお気軽にお問い合わせください!
お問い合わせ https://gaiheki-kanagawa.com/contact/


お客様の声

   

屋根工事の施工事例

   

神奈川県地域密着!ご依頼ありがとうございました!

スタッフ教育、職人育成にも
力を入れています!

職人教育にも力を入れています!

保有資格一覧

  • 一級塗装技能士
  • 職長
  • 安全衛生責任者
  • 有機溶剤
  • 外壁診断士
  • カラーコーディネーター
  • ゴンドラ
  • 足場作業主任者
  • 一級鳶技能士
  • 玉掛け
  • 石綿特別教育
  • 一級建築施工管理技士
  • 他、多数

外壁塗装・屋根工事トピックス