Q&A

     

屋根工事について

  • Q. 塗装工事を行う時期を教えてください。

    塗り替えの時期は10年周期が目安になります。

    ただし、年数だけで判断はせずに塗装の状態をよく見ておくことも重要です。

     

    塗装は経年劣化してくるといろいろな症状がでてきて、チョーキングやひび割れ、塗装の剥がれ、苔やカビの発生、汚れの付着などがでてきます。

     

    劣化症状についてはこちらの「こんな症状には要注意」をご覧ください。

     

    劣化症状がでてきていましたら塗装の性能は低下していますので、塗り替えを検討する時期にきています。

    メンテナンスが必要か判断できないという方は、一度専門業者に建物の状態を見てもらうことをおすすめします。

     

    サウスウェーブは無料で建物の診断を行っておりますので、メンテナンスの際はぜひご利用ください。

     

    無料診断についてはこちらの「屋根・外壁0円診断」をご覧ください。

     

    塗装は建物の見栄えを良くするためだけでなく、正常な状態を維持していくのにも必要なメンテナンスになります。

     

    塗装が劣化したままだと雨漏りを引き起こす恐れがありますので注意が必要です。雨漏りは建物の耐久性を著しく落としてしまいますので、定期的に状態を確認しておくこと。

     

    いつまでも長く住んでいけるように、劣化している状態を放置せず、定期的にメンテナンスを行いましょう。

    “””

  • Q. 雨漏りしているサインは?

    雨漏りのサインは以下のことがあります。

     

    ・天井や壁の水シミ

    ・カビの発生

    ・窓周辺が濡れている

    ・不自然に内装のクロスが剥がれている

    ・水が滴り落ちてくる

     

    雨漏りは建物に甚大な被害を与えますので注意しましょう。

    もし、上記の症状が出ていましたら、そのままにせず専門業者に依頼して雨漏り調査をしてもらうことおすすめします。

     

    水はわずかな隙間からでも入ってきますので、肉眼では確認できないようなところが水の侵入口となっていることもあります。

     

    また、雨漏りは知らず知らずのうちに水が入ってしまっていることもあります。雨漏りが確認できた時は、すでに長期にわたって水が入っていたということもありますのでご注意ください。

     

    雨漏りは木造住宅だと柱や土台、梁などの腐食やシロアリ被害の原因になります。木造住宅の他の構造である鉄骨造や鉄筋コンクリート造でも木材が使われていることがありますし、鉄が錆びてしまう恐れもあります。天井や壁から水が滴り落ちてきている場合は普段の生活にも支障をきたしてしまいます。

     

    雨漏りの被害が広がっている場合は工事規模も大きくなる可能性がありますので、なるべく雨漏りを引き起こさないように日頃からメンテナンスをしていることが望ましいです。

     

    サウスウェーブは雨漏り調査を実施しておりますので、少しでも雨漏りの疑いが見られる場合はそのままにせず早めにご相談ください。

    雨漏り調査についてはこちらの「雨漏りスピード補修」をご覧ください。

    ***

  • Q. 屋根塗装と葺き替えがありますが、どちらを行うのが正しいのですか?

    屋根のメンテナンスには屋根塗装と葺き替えがあります。屋根のメンテナンスを行う際にどちらを行った方がいいのか迷われるかと思いますが、どちらが正しいというのではなく、屋根の状態を見て、どのメンテナンスが適しているか判断していくことが大切です。

     

    屋根塗装は名前のとおり屋根材を塗装するメンテナンスです。主に塗装する屋根材はスレートやセメント瓦が対象となり、経年劣化によりこれらの屋根材は表面に施されたコーティングが剥がれてきます。コーティングの剥がれた屋根材は防水性をなくし水を吸ってしまうため痛みの症状も早くなりますので、屋根材の劣化症状を抑止するために塗装を行なって防水性を復活させます。また、塗装の剥がれた屋根材は見栄えも悪くなるため美観性を向上させることも目的の一つです。

     

    屋根の葺き替えは、屋根材の下に敷設するルーフィングの張り替えも含まれます。ルーフィングは屋根の防水の要です。ルーフィングは20年ほど経つと劣化して防水性が低下してきますので、これくらいの年数が経っている場合は葺き替えまたはカバー工法をご検討ください。カバー工法は既存屋根を解体せず行えて、コストを抑えることができ、工期も短縮できる工法です。屋根のメンテナンスについては下記のページで詳しくお伝えしておりますので、ぜひご参考にしてください。

     

    屋根塗装

    屋根葺き替え工法

    屋根カバー工法(重ね葺き工事)

    ***

  • Q. 雨の日の作業はどうなりますか?

    雨漏りの緊急処理を除き、雨の日に関しては、大変申し訳ないのですが作業を行うことができません。
    天候により作業日程の変更が生じることがあります。

  • Q. ご近所の方に挨拶って行ってもらえるの?

    もちろん、施工前にはご近所様にご挨拶に伺っております。車両の出入りや、作業内容など、一通りご案内しております。
    案内がご不要な場合は、その旨お申付けください。

  • Q. 工事中は家の車はどうすればいいの?

    工事に支障がでるなどの止む終えない場合、工事中は移動してもらうこともありますが、支障がなければ停めていただくことも可能です。
    その際ですが、ペンキの飛散防止のため自動車用のカバー掛けさせていただきますのでご了承ください。

  • Q. 実際の工事期間はどのくらいですか?

    工事内容、家の大きさ、形状によっても変わるため一概は言えませんが、屋根カバー工法であれば、1週間程度、葺き替えであれば、2~3週間を目安としてお考えいただければと思います。
    着工日が決まりましたら工程表も提出致します。その際、スケジュールの調整が必要であれば臨機応変に対応いたしますのでご安心ください。

お見積・保証について

  • Q. 何社か見積もりを取ったとき、各社面積が違うのはなぜですか?

    これは当社もお見積りをお出しするときに、よくあることです。

    面積が違う理由としては、いくつかありますが、

    ① 面積をきちんと計っているかどうか。

    ② 開口部(窓や玄関など)を抜いているか。

    これらが主な理由です。

    建坪だけで安易に見積もりを提示する業者も中にはいるようですので、お気をつけください。

    詳しくは、工事業者の選び方をご覧ください。

お客様の声

   

屋根工事の施工事例

   

神奈川県地域密着!ご依頼ありがとうございました!

スタッフ教育、職人育成にも
力を入れています!

職人教育にも力を入れています!

保有資格一覧

  • 一級塗装技能士
  • 外壁劣化診断士
  • 外壁診断士
  • 有機溶剤作業主任者
  • 高所作業車技能講習終了
  • 足場の組立作業責任者
  • 安全衛生教育修了
  • 労働安全衛生法による技能講習終了
  • 他、多数

外壁塗装・屋根工事トピックス