神奈川県横浜市 A様邸 屋根の棟板金交換

2021年9月19日更新

棟板金施工前の画像

本日の現場レポートは屋根の棟板金交換の作業です。

棟板金が劣化していると風で飛ばされてしまうことがありますので、状態には注意しておきましょう。

 

自然災害での損傷の場合は火災保険を利用して修理できることがあります。

もし該当する方は費用負担を軽減できますので、火災保険での修理をおすすめします。

 

火災保険についてはこちらの「火災保険を使った修繕工事」をご覧ください。

 

屋根は太陽光の熱を吸収するため小屋裏は多湿になります。

湿気がこもったままでは建物に良くありませんし、室内環境にも影響を与えてしまいます。

 

できるだけ湿気がこもらないようにしておくには、換気ができる棟板金が適しています。

通常の棟板金は開口がありませんが、換気棟は湿気を外に逃す開口があるため小屋裏の湿気対策になります。

 

余談になってしまいますが、換気棟のほかに軒天井に取り付ける換気部材がありますので、合わせて取り付けておくとさらに湿気がこもりにくくなります。

 

棟板金交換後の画像

 

棟板金の下には下地材の貫板というものがありますので、棟板金を交換する際は一緒に下地材も新しくします。

 

他の棟板金との接合部には隙間ができないようにコーキングを打って防水処理をしておきます。

 

屋根板金工事をご検討している方はこちらの「屋根板金工事」をご覧ください。

 

屋根は建物の大切な構造体ですので、メンテナンスは必須です。

劣化している状態を放置すると雨漏りを引き起こしてしまう可能性があり、被害はとても大きいです。

 

大切なお家を維持していくためにもメンテナンスを怠らず、適切なタイミングでメンテナンスをしてあげましょう。

 

サウスウェーブは無料で建物診断を行なっておりますので、お家のことでなにかお困りのことがございましたらお気軽にご相談ください。

 

無料診断についてはこちらの「屋根・外壁0円診断」をご覧ください。

 

神奈川県横浜市で、塗装工事、屋根工事のことなら、サウスウェーブへお気軽にご相談ください。


神奈川県の塗装工事・防水工事・屋根工事専門店
サウスウェーブ
https://gaiheki-kanagawa.com/
住所:横浜市神奈川区羽沢町1578-202

お問い合わせ窓口:0120-129-023
(9:00~18:00 日曜・祝日休)

対応エリア:神奈川県横浜市、他

★ 地元のお客様の施工実績多数掲載!

施工実績  https://gaiheki-kanagawa.com/case/
お客様の声 https://gaiheki-kanagawa.com/voice/

★ 塗装はいつやるべきなの? うちは塗装が必要なの?

➡一級塗装技能士の屋根、外壁の無料点検をご利用ください!
無理な営業等は一切行っておりません!

外壁屋根無料診断 https://gaiheki-kanagawa.com/inspection/

★色を塗る前にシミュレーションしたい、塗装以外の工事方法はないの?  どんな塗料がいいの? 業者はどうやって選べばいいの?

➡ どんなご質問でもお気軽にお問い合わせください!
お問い合わせ https://gaiheki-kanagawa.com/contact/


お客様の声

   

屋根工事の施工事例

   

神奈川県地域密着!ご依頼ありがとうございました!

スタッフ教育、職人育成にも
力を入れています!

職人教育にも力を入れています!

保有資格一覧

  • 一級塗装技能士
  • 外壁劣化診断士
  • 外壁診断士
  • 有機溶剤作業主任者
  • 高所作業車技能講習終了
  • 足場の組立作業責任者
  • 安全衛生教育修了
  • 労働安全衛生法による技能講習終了
  • 他、多数

外壁塗装・屋根工事トピックス