現場レポート

神奈川県横浜市 屋根・外壁塗装工事 施工前 塗装が必要な時期と劣化症状

投稿日:2023年6月23日  更新日:2023年6月25日

神奈川県横浜市 屋根・外壁塗装工事 施工前 塗装が必要な時期と劣化症状

神奈川県横浜市の屋根・外壁塗装工事にて、本日は施工前と塗装が必要な時期などについてお伝えします!

 

前回の現場レポートはこちらの「神奈川県相模原市 屋根・外壁塗装工事 施工後 メンテナンスは建物全体を行いましょう!」をご覧ください。

 

【塗装が必要な時期はいつ?】

神奈川県横浜市 屋根・外壁塗装工事 施工前 塗装が必要な時期と劣化症状

 

塗装をする目的は見栄えを保持することと劣化から保護することです。

ですから、劣化するころにはまた塗装が必要です。

 

ご依頼いただいたお家は、外壁の汚れやチョーキングなどの劣化症状が見られました。

年数も14年経過しているとのことでして、塗替えが必要な時期です。

 

塗装時期は10年が目安です。

外壁材や塗料の種類で塗装時期は変わりますが、10年ほど経ってくると塗装が摩耗してくる時期ですので、一度塗装が必要か専門業者に見てもらうことをおすすめします。

 

亜久里工業は無料で建物診断を実施しております。

お住まいのメンテナンスのことでなにかお困りのことがございましたらお気軽にご相談ください。

 

無料診断はこちらの「屋根・外壁0円診断」をご覧ください。

 

【塗装が必要な劣化症状】

年数の経過で現れてくる劣化症状は、塗替えのサインとなりますので、見逃さないようにしましょう。

 

塗替えが必要な劣化症状は、

 

・色褪せ

・チョーキング

・塗膜の剥がれ

・クラック

・汚れの付着

・コケの発生

・カビの発生

・鉄部のサビ

・木部の腐食

 

などです。

 

劣化が進み外壁などの部材まで損傷してしまうと、メンテナンスコストを上げてしまいますので、劣化が進む前にメンテナンスすることが大切です!

 

劣化症状についてはこちらの「気になる外壁の劣化サイン!自分でできるチェックとは?」をご覧ください。

 

“mu”

 

神奈川県全域で、塗装工事、屋根工事のことなら、亜久里工業へお気軽にご相談ください。

 

神奈川県の外壁塗装・屋根塗装・屋根工事・防水工事・外壁修繕・屋根修理・⾬漏り補修なら株式会社亜久里工業


神奈川県の外壁塗装工事・防水工事・屋根工事専門店
亜久里工業
https://gaiheki-kanagawa.com/
住所:神奈川県横浜市緑区三保町2650-57

お問い合わせ窓口:0120-410-184 営業電話お断りします
(10:00~18:00 日曜定休)

対応エリア:神奈川県横浜市、他

★ 地元のお客様の施工実績多数掲載!

施工実績  https://gaiheki-kanagawa.com/case/
お客様の声 https://gaiheki-kanagawa.com/voice/

★ 塗装はいつやるべきなの? うちは塗装が必要なの?

➡一級塗装技能士の屋根、外壁の無料点検をご利用ください!
無理な営業等は一切行っておりません!

外壁屋根無料診断 https://gaiheki-kanagawa.com/inspection/

★色を塗る前にシミュレーションしたい、塗装以外の工事方法はないの?  どんな塗料がいいの? 業者はどうやって選べばいいの?

➡ どんなご質問でもお気軽にお問い合わせください!
お問い合わせ https://gaiheki-kanagawa.com/contact/


お客様の声

   

屋根工事の施工事例

   

神奈川県地域密着!ご依頼ありがとうございました!

スタッフ教育、職人育成にも
力を入れています!

職人教育にも力を入れています!

保有資格一覧

  • 一級塗装技能士
  • 職長
  • 安全衛生責任者
  • 有機溶剤
  • 外壁診断士
  • カラーコーディネーター
  • ゴンドラ
  • 足場作業主任者
  • 一級鳶技能士
  • 玉掛け
  • 石綿特別教育
  • 一級建築施工管理技士
  • 他、多数

外壁塗装・屋根工事トピックス