雨どいの重要性!修理や交換が必要なケースとは?

2022年4月2日更新

 

雨どいは、どの家にも必ず付いている建材です。

家に付いていることは知っていても、建物の軒先や端に何気なくあるものなので、雨どいの重要性については知らない方も多いのではないでしょうか?

雨どいは建物において重要な役割があり、壊れたまま放置しておくとさまざまなトラブルが起こってしまいます。

この記事では、そんな雨どいの役割や重要性、また修理や交換が必要なケースについて解説します。

雨どいの故障が気になっている方は、ぜひ参考にしてください。

 

 

 

雨どいの重要性とは?

 

 

なぜ雨どいが建物に必ずあるものなのか、その役割をご存じですか?

また、雨どいはさまざまな部分に分けられることをできるのです。

まずは雨どいとは何か、また雨どいの役割について解説します。

 

 

雨どいとは?

雨どいとは、屋根に溜まった雨水を集めて地上の排水口へ流すためのものです。

雨どいは、以下のようにいくつかの部分に分けることができます。

 

・軒樋(のきどい)

・竪樋(たてどい)

・集水器(しゅうすいき)

・エルボ

・止まり(とまり)

 

主にこれらの部分に分けられ、これらを全て合わせて「雨どい」といいます。

もし雨どいがなかった場合には、さまざまな問題が生じてしまうのですが、それについては後ほどご紹介します。

 

 

雨どいの役割

雨どいには、建物にとってとても重要な役割があります。

雨どいの役割は以下です。

 

・雨水を集めて排水口へ流す

・排出することにより建物の腐食を防ぐ

 

雨どいの主な役割は、屋根に降った雨水を集めて地上の排水口へ流すことです。

そしてその結果、雨水が屋根に溜まることがなくなるため、建物の腐食を防ぐことにつながります。

雨どいにはこのように重要な役割があるので、もし壊れてしまった場合には早急に修理や交換をする必要があります。

 

 

雨どいが壊れた場合

また、もし雨どいが壊れて機能しなくなった場合は、以下の問題が発生してしまいます。

 

・建物の劣化を早める

・雨音が大きくなる

・雨漏りが発生する

 

雨どいがないと、雨水が建物の外壁を直接流れてしまうため、建物自体が劣化してしまいます。

そして、屋根に溜まった雨水が軒先からそのまま落ちるため、雨音が大きくなり騒音の問題も発生してしまうのです。

また、上手く雨水を排水できずに屋根に溜まった場合、雨漏りが発生する危険もあります。

このように、雨どいが壊れて本来の役割を果たさなくなった場合はさまざまな問題が生じてしまうため、雨どいはとても重要な建材になるのです。

また、雨どいの故障を放置してしまうと、台風の際に飛ばされて外れたりとても危険です。

近隣の方や通行人にケガをさせてしまう場合もあるので、放置せずに修理や交換をおこないましょう。

 

 

 

雨どいの修理や交換が必要なケース

 

 

雨どいにはとても重要な役割があり、故障を放置しておくことでさまざまなトラブルが発生してしまいます。

では、雨どいがどのような状態になった場合に修理や交換をすればよいのでしょうか?

雨どいの修理や交換が必要なケースは以下になります。

 

 

雨どいが外れた場合

雨どいが外れることによって、雨どいが傾いてしまいます。

そうなってしまうと、雨がうまく流れなくなるため雨どいの役割を果たさなくなってしまうのです。

また、雨どい全体ではなく、固定しているねじや金具の一部のみが外れた場合でも修理をおこないましょう。

金具の一部だけであれば、簡単に修理できる場合もあります。

 

 

雨水が漏れた場合

雨どいから雨水が漏れる場合は、雨どいにゴミや落ち葉が溜まっている可能性があります。

そのようなことになると、本来の雨どいの役割を果たせず騒音などのトラブルが起こる可能性があります。

そのため、異物を取り除いて詰まりを解消することが大切です。

 

 

割れやゆがみがある場合

割れやゆがみが起こると全体の勾配がおかしくなってしまい、雨水を上手く排水することができません。

このような場合は部分的な補修で直るケースもありますが、状態によっては交換になる場合もあります。

 

 

これらのトラブルを放置しておくと、雨漏りが発生したり、建物にコケやカビが生えたりする可能性があります。

また、強風などによって雨どいが外れて飛んでしまうと、近隣の方とのトラブルになることもあります。

そのため、雨どいに問題が発生した場合には、早めの修理や交換をおこなうようにしましょう。

 

当社の雨どい工事については、こちら「雨どい工事(修理・交換)」からご確認ください。

 

 

 

まとめ

建物に何気なく付いている雨どいには、さまざま役割があることを理解していただけたのではないでしょうか。

そして、雨どいが壊れて機能しなくなった場合は、雨漏りの原因となったり建物の腐食にも繋がったりと、さまざまなトラブルが起こってしまいます。

そのため、雨どいから雨水が漏れたり雨どい自体が外れたりした場合には、しっかりと修理や交換をすることが大切です。

 

*K*

 

 

当社では無料診断をおこなっているので、「屋根・外壁0円診断」からぜひご利用ください。

 

神奈川県横浜市で、塗装工事、屋根工事のことなら、サウスウェーブへお気軽にご相談ください。

神奈川県横浜市の外壁塗装店【サウスウェーブ】

 


神奈川県の塗装工事・防水工事・屋根工事専門店
サウスウェーブ
https://gaiheki-kanagawa.com/
住所:横浜市神奈川区羽沢町1578-202

お問い合わせ窓口:0120-129-023
(9:00~18:00 日曜・祝日休)

対応エリア:神奈川県横浜市、他

★ 地元のお客様の施工実績多数掲載!

施工実績  https://gaiheki-kanagawa.com/case/
お客様の声 https://gaiheki-kanagawa.com/voice/

★ 塗装はいつやるべきなの? うちは塗装が必要なの?

➡一級塗装技能士の屋根、外壁の無料点検をご利用ください!
無理な営業等は一切行っておりません!

外壁屋根無料診断 https://gaiheki-kanagawa.com/inspection/

★色を塗る前にシミュレーションしたい、塗装以外の工事方法はないの?  どんな塗料がいいの? 業者はどうやって選べばいいの?

➡ どんなご質問でもお気軽にお問い合わせください!
お問い合わせ https://gaiheki-kanagawa.com/contact/


お客様の声

   

屋根工事の施工事例

   

神奈川県地域密着!ご依頼ありがとうございました!

スタッフ教育、職人育成にも
力を入れています!

職人教育にも力を入れています!

保有資格一覧

  • 一級塗装技能士
  • 外壁劣化診断士
  • 外壁診断士
  • 有機溶剤作業主任者
  • 高所作業車技能講習終了
  • 足場の組立作業責任者
  • 安全衛生教育修了
  • 労働安全衛生法による技能講習終了
  • 他、多数

外壁塗装・屋根工事トピックス