神奈川県藤沢市 屋根塗装工事 棟板金の補修

2021年9月25日更新

施工前の画像

本日の現場レポートは屋根の棟板金補修の作業をお伝えしていきます。

こちらの現場の屋根は寄棟という屋根形状になっています。

 

この形状だと棟は傾斜部分にもできますので、板金のところは継ぎ目ができます。

ここの継ぎ目には隙間ができるためコーキングを打ってあるのですが、経年劣化でひび割れを起こして水が入ってきてしまいますので、定期的にメンテナンスが必要です。

 

自然災害による損傷は火災保険を利用できることがあります。

詳しくはこちらの「火災保険を使った修繕工事」をご覧ください。

 

施工前の画像

 

棟板金の下には貫板という木下地がありますので、水が入ると腐食を起こしてしまう恐れがあります。

下地が腐食してしまうと板金ごと交換しなければいけなくなってしまいますので、メンテナンスコストを抑えるためにも腐食を起こす前にメンテナンスをしておきましょう。

 

棟板金補修の画像

 

コーキングを打つときは、充填箇所の周りにマスキングテープを貼って養生をしてから行います。

 

棟板金補修の画像

 

コーキングを打った後はヘラなどで表面を均し、最後にマスキングテープを剥がして補修が完了になります。

 

棟板金補修の画像

 

このままだと補修跡が目立ってしまう、と思うかもしれませんが、この後に塗装を行えば跡は目立たなくなりますのでご安心ください。

 

屋根の作業は高所作業となりますので、足場が必要になります。

足場代も高いですので、高所作業となる外壁塗装や屋根塗装を行うタイミングで屋根を補修しておきましょう。

 

足場についてはこちらの「屋根と外壁はセットがお得」をご覧ください。

 

それでは本日の現場レポートはここまでになります。

 

コーキングについてはこちらの「オートンイクシード」をご覧ください。

 

外壁塗装や屋根塗装については以下のページをご覧ください。

 

「外壁塗装」

 

「屋根塗装」

“mu”

 

神奈川県横浜市で、塗装工事、屋根工事のことなら、サウスウェーブへお気軽にご相談ください。


神奈川県の塗装工事・防水工事・屋根工事専門店
サウスウェーブ
https://gaiheki-kanagawa.com/
住所:横浜市神奈川区羽沢町1578-202

お問い合わせ窓口:0120-129-023
(9:00~18:00 日曜・祝日休)

対応エリア:神奈川県横浜市、他

★ 地元のお客様の施工実績多数掲載!

施工実績  https://gaiheki-kanagawa.com/case/
お客様の声 https://gaiheki-kanagawa.com/voice/

★ 塗装はいつやるべきなの? うちは塗装が必要なの?

➡一級塗装技能士の屋根、外壁の無料点検をご利用ください!
無理な営業等は一切行っておりません!

外壁屋根無料診断 https://gaiheki-kanagawa.com/inspection/

★色を塗る前にシミュレーションしたい、塗装以外の工事方法はないの?  どんな塗料がいいの? 業者はどうやって選べばいいの?

➡ どんなご質問でもお気軽にお問い合わせください!
お問い合わせ https://gaiheki-kanagawa.com/contact/


お客様の声

   

屋根工事の施工事例

   

神奈川県地域密着!ご依頼ありがとうございました!

スタッフ教育、職人育成にも
力を入れています!

職人教育にも力を入れています!

保有資格一覧

  • 一級塗装技能士
  • 外壁劣化診断士
  • 外壁診断士
  • 有機溶剤作業主任者
  • 高所作業車技能講習終了
  • 足場の組立作業責任者
  • 安全衛生教育修了
  • 労働安全衛生法による技能講習終了
  • 他、多数

外壁塗装・屋根工事トピックス