現場レポート

神奈川県藤沢市 外壁のひび割れ 下塗り〜中塗り〜上塗り

投稿日:2021年9月26日  更新日:2023年7月21日

外壁施工前の画像

本日の現場レポートは外壁塗装についてお伝えしていきたいと思います。

外壁は経年劣化してくるとひび割れなどの症状を起こします。

特にモルタル外壁は塗装が劣化すると水を吸ってしまうため、外壁の強度に影響してきます。

 

上記の写真のようなひび割れ(クラック)を起こしてしまうと、そこが水の侵入口となってしまい、状態が悪化していれば雨漏りを引き起こしかねませんので、なるべく早めに補修しておくことが望ましいです。

 

雨漏りについてはこちらの「雨漏りスピード補修」をご覧ください。

 

 

 

また、塗装の劣化は外壁に汚れがつきやすくなってきます。

コケやカビなども発生するため建物が古く見えてしまいますので、このような症状が出てきましたら塗り替えをご検討ください。

 

劣化症状についてはこちらの「こんな症状には要注意」をご覧ください。

 

 

 

外壁塗装は、まずケレンを行なって塗布面を調整します。

 

下地処理についてはこちらの「施工の際の下地処理」をご覧ください。

 

 

 

下地処理の後は下塗りです。

通常、下塗りはシーラーやフィラーを使います。

 

下塗りには下地との密着性を高める役割がありますので、塗り残しがないように念入りに塗ることが大切です。

 

 

 

次に仕上げ剤で中塗りと上塗りを行います。

仕上げ剤での塗装は基本的に2回行いますが、塗膜厚が確保できていない場合は再度塗り重ねが必要です。

 

外壁塗装は建物を守るために必要なメンテナンスです。

劣化症状を放置してしまうと損傷が広がって工事規模が大きくなってしまう可能性があり、メンテナンスコストもかかります。

工事費用の節約のためにも定期的に塗装を行うことをお勧めします。

 

外壁塗装をご検討している方はこちらの「外壁塗装のポイント」もご一緒にご覧ください。

 

“mu”

 

神奈川県全域で、塗装工事、屋根工事のことなら、亜久里工業へお気軽にご相談ください。


神奈川県の外壁塗装工事・防水工事・屋根工事専門店
亜久里工業
https://gaiheki-kanagawa.com/
住所:神奈川県横浜市緑区三保町2650-57

お問い合わせ窓口:0120-410-184 営業電話お断りします
(10:00~18:00 日曜定休)

対応エリア:神奈川県横浜市、他

★ 地元のお客様の施工実績多数掲載!

施工実績  https://gaiheki-kanagawa.com/case/
お客様の声 https://gaiheki-kanagawa.com/voice/

★ 塗装はいつやるべきなの? うちは塗装が必要なの?

➡一級塗装技能士の屋根、外壁の無料点検をご利用ください!
無理な営業等は一切行っておりません!

外壁屋根無料診断 https://gaiheki-kanagawa.com/inspection/

★色を塗る前にシミュレーションしたい、塗装以外の工事方法はないの?  どんな塗料がいいの? 業者はどうやって選べばいいの?

➡ どんなご質問でもお気軽にお問い合わせください!
お問い合わせ https://gaiheki-kanagawa.com/contact/


お客様の声

   

屋根工事の施工事例

   

神奈川県地域密着!ご依頼ありがとうございました!

スタッフ教育、職人育成にも
力を入れています!

職人教育にも力を入れています!

保有資格一覧

  • 一級塗装技能士
  • 職長
  • 安全衛生責任者
  • 有機溶剤
  • 外壁診断士
  • カラーコーディネーター
  • ゴンドラ
  • 足場作業主任者
  • 一級鳶技能士
  • 玉掛け
  • 石綿特別教育
  • 一級建築施工管理技士
  • 他、多数

外壁塗装・屋根工事トピックス