神奈川県横浜市 屋根・外壁塗装工事 破風板の補修

2021年5月9日更新

既存破風板の画像

ご依頼いただいたお家の破風板に損傷がありましたので、今回は部分的に張り替えを行いました。

破風板とは屋根のケラバや軒先に取り付けてある板のことです。

 

取り付けてある場所が屋根や雨樋に近いですので、破風板は水に触れやすく傷んでしまうことが多いです。

破風板が傷んでいて強度が低下していると強風で飛ばされてしまうことがありますので注意が必要です。

 

既存破風板の画像

 

今回は2箇所補修していきます。

破風板のちょうど傾斜が低くなっているところを補修していきます。

 

破風板の補修の画像

 

破風板の補修の画像

 

既存の破風板を剥がしました。

破風板の下には釘が効くように下地が取り付けてあります。

破風板が腐食すると、この下地も腐食してしまい雨漏りの原因にもなります。

 

補修後の破風板の画像

 

元々取り付けてあった形に合わせてカットし、剥がしたところに張ります。

上の破風板に継ぐ形になりますので、継ぎ目にはコーキングを打って隙間を埋めます。

 

補修後の破風板の画像

 

継ぎ目はわずかな隙間しかありませんが、こんなわずかでも水は入ってしまいます。

新しく破風板を張っても最後のコーキング処理をしていないとすぐに状態が悪くなってしまいますので、しっかり防水処理をすることが大切です。

 

塗装工事では今回の破風板の補修のように損傷しているところは塗装前に直していきます。

塗装をすれば傷ついているところは目立たなくなるかもしれませんが、それは悪いところを隠すようなものなので、状態が悪くなっているところはしっかり直していきましょう。

 

補修についてはこちらの「施工の際の下地処理」でもお伝えしておりますのでご参考にしてください。

*mu*


神奈川県の塗装工事・防水工事・屋根工事専門店
サウスウェーブ
https://gaiheki-kanagawa.com/
住所:横浜市神奈川区羽沢町1578-202

お問い合わせ窓口:0120-129-023
(9:00~18:00 日曜・祝日休)

対応エリア:神奈川県横浜市、他

★ 地元のお客様の施工実績多数掲載!

施工実績  https://gaiheki-kanagawa.com/case/
お客様の声 https://gaiheki-kanagawa.com/voice/

★ 塗装はいつやるべきなの? うちは塗装が必要なの?

➡一級塗装技能士の屋根、外壁の無料点検をご利用ください!
無理な営業等は一切行っておりません!

外壁屋根無料診断 https://gaiheki-kanagawa.com/inspection/

★色を塗る前にシミュレーションしたい、塗装以外の工事方法はないの?  どんな塗料がいいの? 業者はどうやって選べばいいの?

➡ どんなご質問でもお気軽にお問い合わせください!
お問い合わせ https://gaiheki-kanagawa.com/contact/


お客様の声

   

屋根工事の施工事例

   

神奈川県地域密着!ご依頼ありがとうございました!

スタッフ教育、職人育成にも
力を入れています!

職人教育にも力を入れています!

保有資格一覧

  • 一級塗装技能士
  • 外壁劣化診断士
  • 外壁診断士
  • 有機溶剤作業主任者
  • 高所作業車技能講習終了
  • 足場の組立作業責任者
  • 安全衛生教育修了
  • 労働安全衛生法による技能講習終了
  • 他、多数

外壁塗装・屋根工事トピックス