神奈川県横浜市 屋根・外壁塗装・ベランダ防水塗装工事 FRP防水のメンテナンス

2021年5月23日更新

防水塗装施工前の画像

神奈川県横浜市の塗装現場の続きをご紹介します。

こちらの建物はFRP防水塗装が施されていました。

 

既存状態は経年劣化により汚れが付着し、塗装も色褪せている状態です。

FRP防水は住宅のベランダによく用いられている工法で、強度があるため歩行する場所に適しています。

 

FRP防水はガラスマットと樹脂を組み合わせてつくる防水層に、仕上げのトップコートを塗装する構造となっており、防水層が痛んでいなければメンテナンスはトップコートを定期的に再塗装すれば長く保たせることができます。

 

もし、防水層が痛んでいたら、また新しく防水層をつくり直す必要が出てきますので、劣化症状には注意して定期的にメンテナンスをしましょう。

 

防水塗装施工前の画像

 

防水塗装の劣化は、防水性能が低下していますので水が染み込んでいきます。

ベランダのような場所は歩行することもあり勾配をあまりとっていませんので、水は緩やかに流れていくため床に水がとどまりやすくなっています。

 

このため防水性が低下した床はとどまった水がそのまま床の下へと染み込んでいくため、状態がひどくなると雨漏りを起こします。

 

実はベランダは雨漏りを起こしやすい場所で、主にベランダ防水の劣化が原因となっています。

また、ベランダには水を排水するドレンというものがあり、ドレン周りに汚れが溜まり排水がされにくくなると劣化症状も早まります。

 

床とドレンの取り合いは塗装やコーキングで隙間ができないように埋めていますが、劣化すればそこの取り合いから水が入ってくるので注意しましょう。

大切な建物を守っていくためには防水塗装が重要です。

 

もし、ベランダの防水塗装が劣化していましたら、そのまま放置せずしっかり防水のメンテナンスを行いましょう。

ベランダ防水についてはこちらの「屋上・ベランダ防水工事」をご覧ください。

*mu*


神奈川県の塗装工事・防水工事・屋根工事専門店
サウスウェーブ
https://gaiheki-kanagawa.com/
住所:横浜市神奈川区羽沢町1578-202

お問い合わせ窓口:0120-129-023
(9:00~18:00 日曜・祝日休)

対応エリア:神奈川県横浜市、他

★ 地元のお客様の施工実績多数掲載!

施工実績  https://gaiheki-kanagawa.com/case/
お客様の声 https://gaiheki-kanagawa.com/voice/

★ 塗装はいつやるべきなの? うちは塗装が必要なの?

➡一級塗装技能士の屋根、外壁の無料点検をご利用ください!
無理な営業等は一切行っておりません!

外壁屋根無料診断 https://gaiheki-kanagawa.com/inspection/

★色を塗る前にシミュレーションしたい、塗装以外の工事方法はないの?  どんな塗料がいいの? 業者はどうやって選べばいいの?

➡ どんなご質問でもお気軽にお問い合わせください!
お問い合わせ https://gaiheki-kanagawa.com/contact/


お客様の声

   

屋根工事の施工事例

   

神奈川県地域密着!ご依頼ありがとうございました!

スタッフ教育、職人育成にも
力を入れています!

職人教育にも力を入れています!

保有資格一覧

  • 一級塗装技能士
  • 外壁劣化診断士
  • 外壁診断士
  • 有機溶剤作業主任者
  • 高所作業車技能講習終了
  • 足場の組立作業責任者
  • 安全衛生教育修了
  • 労働安全衛生法による技能講習終了
  • 他、多数

外壁塗装・屋根工事トピックス